tamari architects

京丹後の東屋

2023 architecture exterior products

プライベートビーチ前に建つ、ゲストハウスに隣接した東屋を設計した。 方形状のゲストハウスを荒尾英生建築設計事務所(HAA)が設計し、隣にBBQできる屋根付きの空間を、協働した建築家に建てて欲しいという要望だった。 ゲストハウスはウッドショックなどの材料高騰にともない、いかにフレーム材を減らして最大の気積をつくるかがテーマとしていた。 それに呼応するよう東屋もレシプロカル構造とし、最小部材で簡易に建てられる構成としている。 また、方形のテント膜は、フレームの登り材の辺と端部の点でつなぐことで、風車状に採光が入る。

location: Kyoto

year: 2023

type: Shed

collaboration:HAA (architect), Atelier Tuareg (metal works), 岩田テント(tent), 池田工店(builder)

photo: Yosuke Ohtake(no.01-no.5)